ためになる乳がん検診塾


ためになる乳がん検診塾

ある程度の年齢以上になると、乳がんにかかる可能性が高くなるため、一年に一回は乳がん検診を受診することで安心できます。乳がん検診は、問診、触診、超音波診断、マンモグラフィーといった種類をこなすと安心です。
結果は多くの場合、その日に出されます。医師から検診の結果を聞き、いまの状態を理解します。悪性の腫瘍が見つかった場合は、早くに治療をしてもらいます。早期に治療をしてもらうと、多くの場合は治るため、検診結果は大切にします。
医師が気にするのは、悪性の場合だけです。良性のしこりや石灰、水がたまって映像に映る場合がありますが、医師が診ると、悪性の場合とは全く違うようです。そういった説明を聞くことも勉強になります。信頼出来る病院で検診を受け、経験豊富な医師の説明を聞くことはとても有意義なことです。
乳がん検診は定期的に受診をすることで安心出来ます。そして日頃の生活についても、健康に気をつけ過ごすことは必要です。

知られざる乳がん検診情報をご紹介

乳がん検診方法として、マンモグラフィーがよく知られています。これはX線写真で画像診断を行うものですが、乳がんに限らず多くのがん検診は画像上でガンが見つかるかどうかを判断します。しかし、ガンが画像で確認できる大きさまで成長するには10年の歳月がかかるといわれています。では、画像に頼らず、もっと早い段階でガンを発見することができるのでしょうか。現在ではすでにそれは可能なのです。遺伝子解析を行うことで、ガンがどの程度体内で増殖しているかを知ることができます。がん細胞は全ての人がもっています。どの程度に増殖しているのかが問題なだけです。画像上で見えなければ、そのまま放置しておいても消えてしまう場合も多いのです。一般的な乳がん検診では不安をいだかれる方には、遺伝子解析による検診をお勧めします。まだ、東京都内でもこの検査が受診できる病院は限られていますが、着実に数は増えてきていますので、将来のガン発症のリスクを知りたい方にはお勧めです。

 

乳がん検診ならマーソ(MRSO)で探してお得に受診!